おもちゃの選び方指南

おもちゃを手作り

おもちゃを手作り 子供用のおもちゃをホームセンターなどで購入できる材料で手作りする事は可能です。
おもちゃを使用して子供が楽しく遊べてそれが発達や教育の支援になればいいので、種類や形状に特に制限はないですが、有益で満足がいく効果を得るには安全性の確保や目的の明確化などが必要になります。安全性の確保はおもちゃを使用することで、子供の安全が脅かされようにするために考慮する必要があります。例えば子供は周りにある物をすぐに口に入れる性質があるので、誤嚥したり口に入れると有害な材質を使用しないことや、投げたり落としてしまった場合にその破片などで怪我をしないようにすぐに壊れないように丈夫にする対策などが必要になります。
目的の明確化は子供の現状や希望にあった物を選定するために必要であり、例えば対象年齢の見極めやどんな遊びを楽しませたいかなどの見極めが対象になります。これらのことがきちんと行われていないと、子供は途中で興味で失ったり十分に楽しめないなどの問題が出ることがあります。どんな物を手作りするにしても大切な事は、無理をしすぎない事や楽しみながらやることです。特に子供が興味を持つことを優先して判断することや、作成した物を無理に押し付けたりしないようにする事が大切です。

長持ちするおもちゃを選ぶポイントとは

長持ちするおもちゃを選ぶポイントとは おもちゃを買う時、または贈り物にする時に、出来るだけ長く楽しんでもらいたいという事を考えるのではないでしょうか。そのようなときにはいくつか気をつけて見てみたい点があります。
まずは洗ったり拭いたりといったことが出来るかどうかという事です。お子さん向けのおもちゃなどは特に、口に運んでしまうという事も良くあります。そのようなときに汚れたままでは健康面で問題が生じます。綺麗に汚れを拭き取ったり、洗ったりできるような素材のものを選んでみましょう。また、キャラクターものなどではないおもちゃを選ぶのもポイントです。テレビに出てくるものはお子さんに特に人気ですが、番組が終わってしまうと見向きもされなくなってしまいます。長く愛されるものを選ぶなら、現在の人気にこだわらない物を選ぶのが良いのです。こうした点に気をつけて選んでいくようにすると、長持ちして長く使い続けられるようなおもちゃを選ぶことが出来るでしょう。

新着情報

◎2023/9/20

情報を更新しました。
>子供がおもちゃで遊ぶことは情操教育につながる大切なことです
>遊ぶだけで知能レベルを上げられる優秀なおもちゃとは?
>愛犬のために購入することもできるおもちゃ
>アレルギーに注意をしたいおもちゃの種類とは
>情操教育の役に立つおもちゃは粘土が最適なもの

◎2022/11/11

情報を更新しました。
>おもちゃのサブスクサービスを利用するメリット
>おもちゃの購入の手間とサブスク化の新サービス利用
>おもちゃの適切な遊び方や指導法を学べる講座
>赤ちゃん用のおもちゃを購入する際の注意点
>子供がおもちゃの収納を自発的にするアイテム

◎2020/7/13

レンタルのメリット
の情報を更新しました。

◎2020/5/14

お風呂で遊べるおもちゃ
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

好きなおもちゃは変化するもの
の情報を更新しました。

◎2020/1/24

おもちゃを手作り
の情報を更新しました。

◎2019/11/7

男の子向けのおもちゃの特徴
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

サイト公開しました

「おもちゃ 手作り」
に関連するツイート
Twitter

支援センターでアクティブでクリエイティブなママさんと出会い、離乳食にベビの服におもちゃ、朝昼晩3食と夫のお弁当を手作りし、趣味のイラストと資格の勉強もやってると聞いて、ウオオと思い1日のスケジュールを聞くと、ベビが19:00就寝の7:00起きで夜勤夜泣き覚醒なしのタイプだった。ウオオオオン

返信先:昔は日本の子供達も、ほとんどの子供達は1からおもちゃ手作りしていたんですよね…ですから小型のナイフで竹や木を削って作る喜びは何物にも代えがたい物でした。

返信先:ぜひぜひー! 学生時代の友人なんですがおもちゃクリエイターとして色々手作りおもちゃ発信してるので真似してみてください(๑•̀ㅂ•́)و✧

返信先:製作代行の会社があったら、そこから保育園に行って担任の先生の意見やアイデアを聞いたり、実際に手作りおもちゃで遊んでいる子どもたちの姿を見て「こんなのあると楽しいかも」ってその園にあった提供が出来るかなって 夢が広がっちゃうけど、保育士と一緒に作りあげたいな

手作りおもちゃはコスパ抜群で、子どもの発達に合わせて作れるのが魅力的だよね。廃材を活用できるからお財布にも優しい。手作りだからこそ、物を大切にする気持ちも育てられる。子どもの想像力も刺激できて、親子で楽しめるのが最高だと思う。ぜひチャレンジしてみて!